コンテンツにスキップする

米銀JPモルガン:英国の女性従業員報酬、男性より36%少ない

  • ボーナスにおける男女間格差は67%に拡大
  • 英国従業員250人超の企業は全て4月4日までに報酬格差開示へ

米銀JPモルガン・チェースは23日、英国で同行が女性従業員に支払っている報酬は男性より平均で36%少ないと発表した。

  JPモルガンの資料によれば、ボーナスでは英国の男女間格差は67%に拡大する。データは同行が英国に置く全事業体を対象としている。

  世界全体では、JPモルガン従業員の半分を女性が占めるものの、上級職における男性の割合が高く、女性の上級職を増やすためになすべきことがまだあることを同行は認識している。

What We Know About The U.K. Gender Pay Gap

  英国の従業員数が250人を超える企業は全て、4月4日までに報酬の性別格差を開示する必要がある。JPモルガンによると、役職や在職期間、年功、地理を考慮した同行独自の手法に基づくと、世界全体としては女性従業員は男性の99%相当の報酬を得ている。

原題:JPMorgan Pays U.K. Female Staff 36% Less Than Male Employees (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE