コンテンツにスキップする

英、フェイスブックなどに簡潔な利用条件の提示を指導へ-タイムズ紙

  • 利用者向けデータ管理方針を簡潔化するよう指導するとデジタル相
  • 英政府はフェイスブックとグーグル、ツイッターの幹部と4月に協議

英政府は最近の個人情報流出問題を受け、米フェイスブックやアルファベット傘下のグーグル、ツイッターなどテクノロジー企業に対し、利用者向けのデータ管理方針を簡潔化するよう指導する方針だ。25日付の英日曜紙サンデー・タイムズが報じた。

  ハンコック英デジタル・文化・メディア相は同紙に対し、個人情報がどのように利用されるかを巡り、これら大手テクノロジー企業がユーザーに明快かつ簡潔な条件を示すことを怠っており、情報を1ページに集約させることを目指すと語った。

  タイムズ紙によると、フェイスブックのサービス契約に含まれる字数は3700語余り、ツイッターは1万1000語に上る。英政府はデータ管理の慣行について協議するため、フェイスブックとグーグル、ツイッターの幹部に対し、4月に開く会議への出席を求めた。

原題:U.K. to Order Facebook, Google to Redo Data Policies, Times Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE