コンテンツにスキップする

「パシフィック・リム」首位、「ブラックパンサー」は2位-北米映画

  • 「パシフィック・リム:アップライジング」、2800万ドル稼ぐ
  • 調査会社コムスコアが資料で推計値を発表した

週末の北米映画興行収入ランキングで、ユニバーサル・ピクチャーズの「パシフィック・リム:アップライジング」が初登場1位となった。前週まで5週連続首位だった「ブラックパンサー」は2位に後退した。

  調査会社コムスコアが電子メールで25日配布した資料によれば、5年前に公開された「パシフィック・リム」の続編となるアップライジングの興行収入は推計2800万ドル(約29億3500万円)。最大2500万ドルとのアナリスト予想を上回った。米ウォルト・ディズニー傘下マーベルのブラックパンサーは1670万ドル。

Top 10 Films

  他の初登場作品では、パラマウント・ピクチャーズのアニメーション「シャーロック・ノームズ」(原題)が興行収入1060万ドルで4位に入った。ボックス・オフィス・プロの予想(1450万ドル)には届かなかった。

Top 10 Film Grosses
All Films Year To Date

原題:‘Pacific Rim Uprising’ Tops ‘Black Panther’ in Weekend Debut (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE