コンテンツにスキップする
Photographer: Andrew Harrer/Bloomberg
cojp

フェイスブック、米議会調査に十分協力的でなかった

  • 上院情報特別委員会のウォーナー副委員長(民主)が指摘
  • NBCの番組「ミート・ザ・プレス」で発言した
The Facebook Inc. logo is displayed for a photograph on an Apple Inc. iPhone in Washington, D.C., U.S., on Wednesday, March 21, 2018. Facebook is struggling to respond to growing demands from Washington to explain how the personal data of millions of its users could be exploited by a consulting firm that helped Donald Trump win the presidency.
Photographer: Andrew Harrer/Bloomberg

米議会が2016年大統領選にロシアが干渉した疑惑を調査する中で、フェイスブックは「十分に協力的」ではなかったと、上院情報特別委員会のウォーナー副委員長(民主)が25日指摘した。

  ウォーナー副委員長はNBCの番組「ミート・ザ・プレス」で、「このケンブリッジ・アナリティカという極めて疑わしい会社の利用」について質問したが、フェイスブックはロシアの行動を巡る他の懸念と同様に「それに取り合わなかった」と述べた

  大統領選中にトランプ陣営が起用した政治広告会社ケンブリッジ・アナリティカがフェイスブックユーザー約5000万人の情報を流用したとされる問題の発覚を受け、フェイスブックおよび共同創業者で最高経営責任者(CEO)のマーク・ザッカーバーグ氏に対する批判が拡大。 議会の2委員会がザッカーバーグ氏に証言を要請しているが、同氏は自らが証言することが適切なら同意すると述べている。

  ウォーナー副委員長はザッカーバーグ氏に証言をあらためて求めた。同氏は「フェイスブックの顔だ。事実上この業界を創設したようなものであり、米国民と政策当局者に説明する必要がある」と語った。

原題:Facebook Wasn’t ’Forthcoming’ With Congress, Senator Says (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE