コンテンツにスキップする

【NY外為】ドル下落、週間で5週ぶりに下げ-貿易戦争など警戒

更新日時

23日のニューヨーク外国為替市場ではドルが下落。週間でも値下がりとなった。今週はパウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長の下で初めて開かれる連邦公開市場委員会(FOMC)会合や、ホワイトハウス人事、貿易問題を巡る緊張の高まりといった材料を消化する週となった。

  トランプ大統領は朝方、包括的歳出法案への拒否権発動を検討しているとツイート。そうした中でドルは値下がりした。その後、大統領は姿勢を転換して法案に署名したものの、ドル安の流れは変わらなかった。ドルはアジア時間も軟調だった。米中貿易戦争への警戒やマクマスター米大統領補佐官の退任が背景にある。

  ニューヨーク時間午後4時35分現在、主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は前日比0.3%安。週間では0.8%の下げとなった。ドルは対円でこの日0.4%下げて1ドル=104円85銭。対ユーロでは0.5%下落し1ユーロ=1.2357ドル。

  来週は10-12月(第4四半期)の米国内総生産(GDP)のほか、個人消費支出(PCE)や個人所得、PCE価格指数などの発表が予定されており、市場で注目されそうだ。

欧州時間の取引

  米中貿易戦争の懸念やマクマスター大統領補佐官の退任を手掛かりとしたドル安・円高の流れは欧州時間も続いた。ただ中国の反応はこれまでのところ抑制されているとの見方から、値動きの幅は小さかった。中国は米国からの輸入品30億ドル相当に相互関税を課す計画を発表した。

原題:Dollar Snaps Four-Week Winning Streak Amid Trade Worries(抜粋)
Dollar Set for Worst Week in a Month, Havens Gain on Trade Woes

(第4段落以降を追加し、更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE