コンテンツにスキップする

中国:23日の株式市場に介入か、トランプ関税の混乱回避で-関係者

  • 中国石油化工や中国人寿保険など大型株に政府系ファンドの買いか
  • CSI300指数は下げ幅縮小して終了、一時は4.6%安

中国当局が23日の株式市場で株価を下支えするため介入したと、事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。米国との貿易戦争が懸念される中で中国株は激しい売りを浴び、大型株の指標であるCSI300指数は6週間ぶりの大幅安で終了した。

  非公開の情報であることから匿名で語った関係者によると、政府系ファンドが中国石油化工(SINOPEC)や中国人寿保険など大型株で買い向かい、午後には購入をさらに増やした。両銘柄とも取引時間終盤に下げをほぼ解消。CSI300指数の下落率は一時の4.6%から2.9%まで縮小した。

  中国証券監督管理委員会(証監会)はファクスでのコメント要請に今のところ応じていない。

救いの手

原題:China Is Said to Intervene in Stocks After Tariffs Trigger Rout(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE