コンテンツにスキップする

リコー:1700億円の赤字転落へ、米で巨額減損-ペーパーレス化打撃

更新日時

事務関連機器大手のリコーは23日、今期(2018年3月期)の連結純損益が1700億円の赤字に転落する見込みだと発表した。従来は損益とんとんを予想していた。米国販売会社ののれんなど固定資産で約1400億円、別の米ITサービス会社などで計約400億円の減損損失を計上することが響く。

  今期の営業損益も200億円の黒字予想から1600億円の赤字に大幅下方修正した。デジタル化やモバイル技術の発展で予想以上にペーパーレス化が進む中、国際会計基準(IFRS)に基づき買収事業の将来性を検討した結果、減損処理の必要が生じた。米販社やリコーは今後、収益性を見極め事業の選択と集中を進める。

  17年3月期は営業利益が339億円、純損益は35億円の黒字だった。23日の株価終値は前日比3.6%安の1085円。

(第3段落に前期実績や株価について追加しました.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE