コンテンツにスキップする

フェイスブックCOO:もっと早く沈黙を破らなかったことを後悔

フェイスブックのシェリル・サンドバーグ最高執行責任者(COO)

フェイスブックのシェリル・サンドバーグ最高執行責任者(COO)

Photographer: Jason Alden/Bloomberg
フェイスブックのシェリル・サンドバーグ最高執行責任者(COO)
Photographer: Jason Alden/Bloomberg

米フェイスブックのシェリル・サンドバーグ最高執行責任者(COO)は22日、今週をもう一度やり直せるなら、自身とマーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)はずっと早く沈黙を破っていただろうと述べた。同社は今週、5000万人のユーザーの個人情報が英データ分析会社ケンブリッジ・アナリティカ(CA)によって不正利用された問題で批判されている。

  サンドバーグ氏はCNBCのテレビインタビューで、「われわれがもっと早い段階でこの問題の重要性を認識していなかったのは間違いない」と発言。「これは信頼性の問題で、当社と当社が提供しているサービスにとって今が重要な時期だと分かっている」と語った。

  さらに、フェイスブックはユーザーの信頼回復につながる可能性のある規制などの措置にオープンだと説明。「当社に問題がないと言うつもりはない。当社のプラットフォームに有害因子が常に存在することは知っている」と述べた。
 

原題:Facebook’s Sandberg Says She Regrets Not Speaking Out Sooner(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE