Photographer: Jason Alden

物言う株主アックマン氏、米ナイキ株で約105億円の売却益

  • アックマン氏は1株当たり平均52ドルで購入と説明していた
  • 同氏はナイキ株が32%上昇した時点で売却したと関係者
Photographer: Jason Alden

資産家でアクティビスト(物言う株主)として知られるビル・アックマン氏は米スポーツ用品メーカー、ナイキ株への投資で約1億ドル(約105億円)の売却益を得た。

  アックマン氏のパーシング・スクエア・キャピタル・マネジメントは1月にパッシブ運用だとしてナイキ株の保有を開示。当時、アックマン氏は同社株を1株当たり平均52ドルで購入したと説明していた。事情に詳しい関係者が情報は部外秘だとして匿名を条件に語ったところによると、同氏はナイキ株が32%上昇した時点で売却した。

  この日は大きく売りが先行したニューヨーク株式市場で、ナイキ株は2.9%安の64.42ドルで終了。

  パーシング・スクエアの担当者はコメントを控えた。ナイキの担当者はコメント要請に対しこれまでのところ返答していない。米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が先にパーシング・スクエアによる売却を伝えていた。

原題:Ackman Nets $100 Million of Profit From Sale of Nike Stake (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE