コンテンツにスキップする

マイクロン:3-5月の売上高見通し、市場予想下回る-株価下落

半導体メモリーメーカー、米マイクロン・テクノロジーの株式は今年、楽観的な見通しを背景に投資家の買いを集めていたが、22日に示した売り上げ見通しはそうした期待に届かなかった。

  同社の発表資料によると、3-5月(第3四半期)の一部費用を除く1株利益は約2.83ドル、売上高は72億-76億ドル(約7580億-8000億円)となる見通し。ブルームバーグが集計したデータによると、アナリストの予想平均は1株利益2.65ドル、売上高72億9000万ドルだった。

  半導体需要の多様化が、過去のような過剰供給による価格急落や業績への直撃を回避するのに寄与してきた。マイクロンの売上高は昨年、60%強の伸びを示し、投資家はこれが持続するとの見通しを同社が示すことを期待していた。

  マイクロンの株価は年初から40%余り上昇し、17年ぶり高値近辺で推移していたが、この日の決算発表後の時間外取引では一時2.5%下落。通常取引終値は3.5%安の58.92ドルだった。

Micron Outperforms

Biggest gains by chip stocks this year

Source: Bloomberg Data

  2017年12月-18年2月(第2四半期)の純利益は33億ドル(1株当たり2.67ドル)と、前年同期の8億9400万ドル(同77セント)から増加。売上高は58%増の73億5000万ドルだった。一部項目を除く1株利益は2.82ドル。アナリスト予想は1株利益2.74ドル、売上高72億8000万ドルだった。

原題:Micron Gives Forecast That Disappoints After Big Stock Surge(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE