コンテンツにスキップする
Photographer: Tomohiro Ohsumi/Bloomberg
cojp

【NY外為】円とドルが上昇-トランプ大統領が対中関税命じる

更新日時
Japanese 10,000 yen, left, and U.S. 100 dollar banknotes are arranged for a photograph in Tokyo, Japan, on Tuesday, Sept. 5, 2017. Japanese stocks fell as the yen strengthened while investors prepared themselves for the economic damage that Hurricane Irma may inflict on Florida and mulled U.S. President Donald Trump’s most recent comments on North Korea.
Photographer: Tomohiro Ohsumi/Bloomberg

22日のニューヨーク外国為替市場では円とドルが上昇。トランプ米大統領が幅広い中国製品を対象に関税を課すための大統領令に署名した。

  市場ではリスク回避の地合いが続いた。貿易を巡る懸念の強まりから世界的に株式相場が大きく下げ、米国債は上昇した。ロス米商務長官は、輸入関税の余波は深刻なものにはならないとし、今後交渉が行われることになると説明。米通商代表部(USTR)は、中国からの航空宇宙、機械、テクノロジーの輸入に対する25%の関税賦課を提案する考えを明らかにした。これに対し中国側は報復措置を取る方針を示している。

  ニューヨーク時間午後4時35分現在、主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は前日比0.2%高。円は対ドルで0.7%上げて1ドル=105円34銭。朝方には一時105円26銭を付けた。ユーロはドルに対し0.2%下げて1ユーロ=1.2310ドル。

Tariff Tantrums

  ポンドは下落。イングランド銀行(英中央銀行)の政策決定後は一時上昇したが、その後はリスク資産が値下がりする中でポンドも売られた。 

  米下院はこの日、1兆3000億ドルの包括的歳出法案を可決。上院でも同日中に採決が行われる可能性がある。

欧州時間の取引

  欧州時間はドルが軟調。前日の米連邦公開市場委員会(FOMC)で、市場の予想通りに利上げとなった一方、今後の政策スタンスは予想ほどタカ派的ではなかったことを受けたドル売りの流れが続いた。

原題:Yen Pares Gain, Dollar Advances as Trump Slaps Tariffs on China(抜粋)
Pound Stays Supported Before BOE as Dollar Nurtures FOMC Wounds

(第4段落を追加し、更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE