コンテンツにスキップする

モルガン・スタンレー、英EU離脱後にパリに80人移動へ-関係者

  • フランクフルトを中心にEU内の複数の都市で増員へ
  • 合計で約300人分の職がロンドンから移される
Views Of La Defense Business District As Paris Sends Love Letter To British Executives
Photographer: Christophe Morin
Views Of La Defense Business District As Paris Sends Love Letter To British Executives
Photographer: Christophe Morin

モルガン・スタンレーは英国の欧州連合(EU)離脱後の数年で、最大80人を英国からパリに段階的に移す計画だ。同社の計画について知る関係者が明らかにした。

  非公開情報だとして関係者が匿名を条件に述べたところによると、モルガン・スタンレーはロンドンの一部業務をフランクフルトに移す意向で、フランクフルトがEUでの本拠になる。パリとダブリンの人員も拡張するという。

  ロンドンから約300人を欧州の複数の都市に移し、そのうち200人程度はフランクフルトに行くという。関係者が昨年7月に明らかにしていた。

  パリへの移動についてはフランス紙レゼコーが先に報じていた。

原題:Morgan Stanley Said to Relocate 80 Jobs to Paris After Brexit(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE