テンセント株、香港市場で急落-南アのナスパーズは一部保有株売却へ

  • 成長重視で短期的な収益を犠牲にする方針を嫌気した
  • ナスパーズが売却する株式は約106億ドル相当

中国で時価総額最大の企業テンセント・ホールディングス(騰訊)の株価が22日の香港市場で急落した。成長重視の同社がコンテンツとテクノロジーに投資し、短期的な収益性を犠牲にする方針を示したことが嫌気された。

  香港上場のテンセント株は前日比5%安で引け、ここ1カ月余りで最大の下げを記録。時価総額が260億ドル(約2兆7500億円)余り減少した。

  テンセントは21日、2017年10-12月(第4四半期)純利益が208億元(約3470億円)と、前年同期からほぼ倍増したと発表。ブルームバーグがまとめた市場予想平均は166億元だった。テンセントは人工知能(AI)や動画などの分野への投資を続ける計画で、短期的には収益性の重しとなる可能性があるものの、長期的な成長を安定させることになると説明した。

Margin Meltdown

Tencent's gross margin has been falling since 2015 and analysts expect further declines

Source: Bloomberg

  南アフリカ共和国のメディア関連持ち株会社ナスパーズは22日、テンセントの発行済み株式の約2%に相当する最大1億9000万株を売却すると明らかにした。持ち株比率は33.2%から31.2%に低下する。売却される株式は約106億ドル相当。ナスパーズは少なくとも今後3年、テンセント株の追加放出は行わないとも表明した。

  テンセントの決算発表後、クレディ・スイス・グループとシティグループのアナリストはテンセントの利益予想を引き下げた。

原題:Tencent Sheds $26 Billion as Margins Warning Spooks Market (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE