コンテンツにスキップする

HSBC元為替トレーダー、10年前後の長期収監を-米検察主張

  • 9年から11年6月の禁錮刑が相当だと検察、4月2日に言い渡し
  • 外国での収監で苦痛を受けると主張し、被告は情状酌量を求める

外国為替市場で顧客の注文を先回りするフロントランニングに関係する詐欺罪などで、米連邦地裁の陪審から受けた有罪評決に基づけば、英銀HSBCホールディングスの元為替トレーダー、マーク・ジョンソン被告への量刑は、10年前後の禁錮刑が相当だと米検察が主張した。

  ジョンソン被告は外為市場で35億ドル(現在の為替レートで約3700億円)相当の顧客注文のフロントランニングに関与したとして起訴され、ブルックリンのニューヨーク東部地区連邦地裁の陪審から昨年10月に有罪評決を受けた。HSBCは石油開発会社ケアン・エナジーからの為替注文の執行を巡り、約800万ドルの賠償請求の決着で同社と合意し、730万ドルの損失が生じた。検察は同被告について、9年から11年6月の禁錮刑が相当だとしている。

  ジョンソン被告への量刑言い渡しは4月2日に行われる。検察によると、同被告は英国市民でありながら米国で収監されることで苦痛を被るとして、裁判所に情状酌量を求めている。被告の代理人であるフランク・ウォール弁護士にコメントを求めるメッセージを残したが、これまでのところ返答はない。

原題:Ex-HSBC Currency Trader Deserves Decade in Prison, U.S. Says (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE