コンテンツにスキップする

米メレディス、「タイム」や「フォーチュン」などの雑誌を売却へ

  • 1000人程度の人員削減を計画、解雇通知済みの200人に上積み
  • 「スポーツ・イラストレーテッド」「マネー」も売却対象

米メディア企業メレディスは、米出版社タイム買収を通じ傘下に収めた雑誌「タイム」「スポーツ・イラストレーテッド」「フォーチュン」「マネー」を売却する計画だ。同社は1月の買収完了に伴い、メディア資産保有の見直しを行っていた。

  21日の発表資料によると、メレディスはタイムの他の出版物を「ベターホームズ・アンド・ガーデンズ」や「ファミリー・サークル」などのラインアップに統合するのに伴い、今後10カ月で1000人程度の人員削減も計画している。解雇通知済みの従業員200人に上積みする形となる。

  メレディスは取得した紙およびオンライン出版物の収益性を向上させるため、向こう2年間に4億-5億ドル(約420億ー530億円)のコスト削減を目指している。

  トム・ハーティー最高経営責任者(CEO)は売却対象の雑誌について、それぞれ読者層や広告ベースが異なり、「新たなオーナーの方が合っている」と述べた。メレディスの雑誌はほとんど娯楽や食、ライフスタイル、住まい、育児、美容、ファッションが中心。タイム傘下で最も高収益だった「ピープル」誌は保持する。  

  
原題:Time Magazine, Fortune Put Up for Sale by New Owner Meredith (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE