コンテンツにスキップする

中国の銀行・保険監督の統合機関トップに郭樹清氏-関係者

  • 銀監会主席を約1年務めてきた郭氏が銀行保険監督管理委員会主席に
  • 銀監会は郭氏の下、不正行為を働いた金融機関を厳しく処分してきた

中国は銀行業監督管理委員会(銀監会)と保険監督管理委員会(保監会)の統合機関トップに銀監会の郭樹清主席を任命したと、事情に詳しい関係者が明らかにした。習近平国家主席の下で進められている金融セクターのリスク抑制で重要な役割を担うことになる。

Financial Sector Delegation News Conference at the 19th National Congress of the Communist Party of China

郭樹清氏

写真家:Qilai Shen / Bloomberg

  決定が未公表であることを理由に同関係者が匿名で語ったところによると、郭氏は新設の監督機関である中国銀行保険監督管理委員会の主席に就任する。経済観察報は今回の人事を先に報じていた。

  中国は先週、銀監会と保監会の統合案を発表した。銀監会主席に就任して約1年の郭氏(61)は流ちょうな英語を話し、これまでも金融リスクのコントロールに手腕を発揮してきた。銀監会は同氏の指揮の下、不良債権の実際の規模を隠すなどの不正行為を働いた金融機関を厳しく処分。昨年以降、記録的な額の制裁金を科してきた。

原題:China Is Said to Appoint Guo as Top Bank, Insurance Regulator(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE