コンテンツにスキップする

FOMC:18年に4回利上げする可能性残した-市場関係者の見方

更新日時
A U.S. flag flies on top of the Marriner S. Eccles Federal Reserve building in Washington.

A U.S. flag flies on top of the Marriner S. Eccles Federal Reserve building in Washington.

Photographer: Andrew Harrer
A U.S. flag flies on top of the Marriner S. Eccles Federal Reserve building in Washington.
Photographer: Andrew Harrer

米連邦公開市場委員会(FOMC)は20、21両日の定例会合で、フェデラルファンド(FF)金利誘導目標を1.5-1.75%のレンジに引き上げることを決定した。経済見通しの改善を理由に、2019-20年の予想金利軌道の傾斜を強めた。ただ、今年の利上げに関しては合計3回との予測を維持した。今回はパウエル連邦準備制度理事会(FRB)議長の下で初会合となった。

  声明は「経済見通しはこの数カ月に力強さを増した」と指摘。「金融政策スタンスのさらなる漸進的な調整」を予想する文言を維持した。

  これについての市場関係者の見方は以下の通り。

◎FOMCが年内4回の利上げ示唆する可能性強まる-ケンブリッジ
  FOMCの金利予測分布は、年内3回利上げという見方に一段と集約され、当局は「圧倒的にタカ派に転じた」とケンブリッジ・グローバルのカール・シャモッタ氏がリポートで指摘した。

  • 昨年12月に比べて長期見通しは、減税や財政支出、世界的な経済成長の支えを背景に「かなり明るさを増した」。
  • 「景気過熱」リスクを踏まえれば、政策当局が2018年に4回利上げを行うと示唆する「可能性は強まる」。

◎FOMCは緩やかな利上げの方向と市場は受け止め-FTN
  経済成長がインフレ率を当局目標の2%を大きく上回る水準に押し上げることはない見通しであるため、市場はFOMCが緩やかな利上げの方向にあると受け止めている。FTNファイナンシャルのジム・ボーゲル氏がリポートでこう分析した。

  • トレーダーは2019年に3回の利上げを行うとの当局のシグナルを織り込むことに後ろ向き。
  • パウエルFRB議長は記者会見で、FOMCは21日に政策金利引き上げという1つの決定を下しただけで、ドット・プロットは「予測の分布」にすぎず、当局を何らかの既定路線に閉じ込めるものではないと強調した。

◎パウエル議長は初の市場との対話を完璧に成し遂げた-MUFG
  パウエルFRB議長は金利の今後の道筋を引き上げたが、利上げ回数の予想をこっそりと増やしたのは2019年についてだと、MUFGユニオンバンクのクリス・ラプキー氏がリポートで指摘した。

  • 「FOMCの2020年の金利予測中央値が3.4%なら、昨年12月時点より30bp高くなり、これは債券利回りの3%超えに今後数カ月で必要な全てだろう」。

◎FOMC予測は若干意外でややハト派寄り-アリアンツ・インベスト
  FOMCは経済見通しに関する文言を上方修正したが、2018年のドットを変えなかったことから、FOMC予測は若干意外でややハト派寄りだったとアリアンツ・インベストメント・マネジメントのチャールズ・リプリー氏がインタビューで述べた。

  • 当局は年内4回目の利上げの可能性についての見解を明確にする前に時間を稼ぐ可能性が高い。アリアンツ・インベストメント・マネジメントは3-4回の利上げを予想。3回に傾斜しているが、インフレの持続的上昇が見られれば4回の可能性も。
  • 米10年債利回りは貿易戦争がエスカレートするのではないかとの懸念を背景に2.85ー3%のレンジにとどまりそうだ。インフレ・トレンドが加速すれば10年債利回りは3%超えも。

◎FOMC、18年に4回利上げする可能性残した-マーケットフィールド
  FOMCの2019年金利予測の上昇は、過去1年の経済成長の改善を踏まえれば「少しもタカ派的では」ないとの見方を、マーケットフィールド・アセット・マネジメントのマイケル・シャウル氏がリポートで示した。

  • 「この期間に明らかに変化したのは、ドット・プロットを堅持するFOMCを市場参加者が受け入れる意欲だ」。
    • それは市場に織り込まれた18年末金利が当局の予測に沿った水準にあることに示されている。

◎FOMC金利予測、将来の政策引き締め軌道の強化を示した-フィッチ
  米金融当局は労働市場の状況の引き締まりを受け、政策正常化プロセスへの自信を得ていると、フィッチ・レーティングスのブライアン・コールトン氏がリポートで指摘した。

  • 政策当局者は「需要面の指標が最近やや軟化したことを認めた一方、2018年の成長率予想を引き上げた。
    • これは「財政政策緩和による短期的なGDP見通しへの影響を強調している」。

◎FOMC金利予測、年内にさらに上方修正の余地-JPモルガン
  金融当局首脳の一部が今、FOMC予測で今年4回の利上げと失業率の著しい下振れ、インフレのオーバーシュートを予想しており、それにはパウエルFRB議長も含まれる可能性がある中、年内にFF金利見通しのさらなる上方修正の余地がある。JPモルガン・チェースのマイケル・フェロリ氏がリポートでこう分析した。

  • 6月と9月、12月の利上げ予想を維持。
(1-4人目を追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE