コンテンツにスキップする

日本郵政:不動産会社設立へ、郵便局など資産を有効活用-NHK

NHKは、日本郵政が不動産会社「日本郵政不動産」を設立すると報じた。傘下の郵便・金融事業の経営環境が厳しさを増す中、同社が保有する全国の郵便局などの資産を有効活用するのが狙い。

  NHKによると、日本郵政は全国に24000以上の郵便局や1000超の社宅を保有し、保有不動産の価値は2兆円を超え、有効活用が課題だったという。共同通信は、月内にも発表される見通しとしている。

  日本郵政は昨年、野村不動産ホールディングスの買収を検討していたが、買収価格などで折り合いが付かず、断念。NHKは、このため自力で不動産事業に取り組むことになったと報じている。

  日本郵政に電話取材を試みたが、つながらなかった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE