コンテンツにスキップする

木原財務副大臣:G20で過度な為替変動や無秩序な動きへの認識再確認

木原稔財務副大臣は、過度な為替変動や無秩序な動きに対する認識が20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議で再確認されたと記者団に述べた。アルゼンチンの首都ブエノスアイレスで開かれたG20は現地時間20日に閉幕した。

  • それらの動きは経済に悪影響を与える可能性がある-財務副大臣
  • 貿易に関してはハンブルクでの首脳合意を再確認したうえで、更なる対話と行動の必要性を認識
  • 暗号資産に関しては機能に関する議論が多かった
  • 2月のボラティリティーの高い市場の動きとそれに伴う円高について、財務省幹部は経済のファンダメンタルズを反映したものでなかったと指摘
  • 暗号資産はただちに金融安定に影響を及ぼすものではない-財務省幹部
  • 備考:木原財務副大臣:保護主義への懸念、G20声明に明記へ-各国から指摘
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE