【NY外為】ドル反発、ポジション調整進む-FOMC決定控え

更新日時

20日のニューヨーク外国為替市場ではドルが反発。あすの連邦公開市場委員会(FOMC)会合で利上げが見込まれる中、ポジションの調整が進んだことが背景にある。

  今回のFOMC会合での0.25ポイント利上げはほぼ100%織り込まれており、市場では年内の利上げ回数の予測を3回で据え置くか、4回に引き上げるかに注目が集まっている。ムーディーズは20日、4回の利上げは可能だとのシグナルをFOMCは発するとの予想を示した。ただ他のエコノミストの見方は分かれている。

  ニューヨーク時間午後4時33分現在、主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は前日比0.4%高。ドルは対円で0.4%上昇し1ドル=106円54銭。ユーロは対ドルで0.7%安の1ユーロ=1.2243ドル。

  FOMCは20日に2日間の日程で定例会合を開始、あす米東部時間午後2時に決定内容を盛り込んだ声明を発表する。パウエル議長は2時半から記者会見に臨む。あすはこのほか、2月の中古住宅販売件数と第4四半期の経常収支も発表される。ワシントンを含め米北東部では20日遅くからあすにかけて大雪の予報となっているが、米連邦準備制度理事会(FRB)は、FOMC会合は21日も予定通り開催されると発表した。

欧州時間の取引

  欧州時間には円がやや軟調な展開。世耕弘成経産相が、米国の鉄鋼・アルミ関税について日本製品が品目別で除外される可能性は高いと発言したことも、多少円売りに作用したとの指摘も市場では聞かれた。その後、20日付で就任した日本銀行の雨宮正佳副総裁の発言が伝わると円が買われた。

  雨宮副総裁は、物価目標2%達成前の長短金利目標引き上げの可能性について会見で問われ、「概念的、理論的にはイールドカーブ(利回り曲線)の調整の可能性は排除していない」と述べた。ただ現状では「本当に時期尚早」とも指摘。「少なくとも現段階は、そうしたことを検討する状況ではないと考えている」と話した。

原題:Dollar Erases Monday Drop as Positions Recalibrated Before FOMC(抜粋)
Yen Whipsaws on Officials’ Comments as Pound Rally Capped by CPI

(第4段落以降を追加し、更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE