コンテンツにスキップする

VIXが再び上昇、クレディ・スイスのレバレッジ商品人気も急回復

19日の株式相場下落の中で、投資家はボラティリティーの再上昇を見込む取引に回帰したばかりでなく、レバレッジを効かせた商品を活用した。

  CBOEボラティリティー指数(VIX)上昇でボラティリティー関連証券の取引が急増した中でも、最も取引が多かった上場投資商品(ETP)はベロシティーシェアーズ・デーリー・2x・VIX短期ETN(TVIX)だった。これは2月のボラティリティー上昇で上場投資証券(ETN)1銘柄を清算することになったクレディ・スイス・グループの商品だ。

  19日にVIXが最大38%上昇する中で、TVIXは7100万株近くが取引された。他のボラティリティー連動証券を上回り、S&P500種とナスダック100種に連動するファンド以外での米ETP中で取引高が最大となった。TVIXは約18%上昇し、今年の上昇率が46%となった。

  19日に取引が多かったETP10銘柄のうち4本はボラティリティー連動商品だった。

TVIX and Vol Bets

TVIX has the highest volume among volatility ETPs as the securities are among most traded

Source: Bloomberg

原題:As VIX Surged Again, Traders Bet on Credit Suisse Leveraged Note(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE