コンテンツにスキップする

オラクル株急落、6年余りで最大の下げ-クラウドの成長鈍化を予想

20日の米株式市場で、オラクルの株価が急落。一時6年余りで最大の下げを演じた。クラウド関連製品の増収ペースが鈍化するとの予想を示したことで、従来のソフトウエア事業からクラウド事業に軸足を移す取り組みが順調に進んでいないとの懸念が強まった。

  オラクルは19日夕に第3四半期(2017年12月-18年2月)決算を発表。それが複数のアナリストによる投資判断の引き下げにつながり、株価が打撃を受けた。バンク・オブ・アメリカ(BofA)は投資判断を「中立」とし、従来の「買い」から引き下げた。オラクルは第4四半期(3-5月)のクラウド製品の売上高について19-23%増と予想。第3四半期は32%増だった。

  オラクル株は一時11%安の46.43ドルと、取引時間中としては2011年12月以来最大の下げ。

原題:Oracle Falls Most in Six Years as Slowdown Seen in Cloud Growth(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE