コンテンツにスキップする

金融取引決済でECBの権限強化へ、欧州議会内で動きが加速

  • 欧州議会の関連委員会で「大多数」が支持-ヒュブナー議員
  • 圧倒的なシェア握るロンドンの牙城崩す狙い

欧州中央銀行(ECB)に金融取引決済事業への権限強化を認めようとする動きが、欧州連合(EU)内で加速している。

  欧州議会のヒュブナー議員は20日、同議会の関連委員会で「大多数」がECBの要求通り金融取引決済事業に対する権限を付与することを支持していると明らかにした。議員らはECBに付与する権限の「適切な水準」について依然協議を続けているものの、6月には草案で合意できる見通しだと語った。

  ECBはユーロ建て金融商品の決済を巡る権限の強化に動いている。ユーロ建て金融取引決済はロンドンが圧倒的なシェアを握る。英国はEU離脱後もこの地位を死守する構えで、離脱を巡る協議の焦点の一つに浮上しつつある。

原題:ECB’s Brexit Push for Derivatives-Clearing Power Gains Momentum(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE