コンテンツにスキップする

ドイツ:3月のZEW景況感、2016年来の低水準-貿易戦争リスク意識

  • 期待指数は5.1、前月の17.8から急低下-市場予想は13だった
  • 米主導の貿易紛争懸念が輸出業者を慎重にさせた-バンバッハ所長

ドイツの欧州経済研究センター(ZEW)がまとめた3月の独景況感指数は2016年以来の低水準に落ち込んだ。貿易戦争のリスクが意識された。

  ZEWが20日発表した3月の期待指数は5.1と、前月の17.8から低下。ブルームバーグのエコノミスト調査では13が見込まれていた。同指数は向こう6カ月の見通しを示す。

  ZEWのバンバッハ所長は「米主導の貿易紛争への懸念が輸出業者を慎重にさせた」ほか、「ユーロ高も輸出に依存する独経済の見通しを悪化させる」とコメントした。

  3月の現状指数は90.7と前月の92.3から低下した。

原題:German Investor Confidence Tumbles Amid Risk of Global Trade War(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE