EU、金融サービスで離脱後の英国に「改善同等性評価」検討-指針案

欧州連合(EU)は英国の離脱後に、金融サービスについて英国に「改善同等性評価」を与えることを検討している。EUの交渉方針から分かった。英国はこの手法を「全く不適切」として拒否している。最新の交渉指針草案をブルームバーグが入手した。

  「改善」が何を意味するのかは明確ではないが、EUが英国と相互に規則を認め合うことによる英銀の単一市場アクセスを否定していることは明らかだ。英国の金融機関はEUの欧州委員会が英国の規則をEUと「同等」だと認めた場合に限り、EU域内で事業を行える。これは一方的な承認であり、EUは短い通知期間で撤回することができる。

  これは、英国が決定権を持たないEUの規則に英国側が縛られることを意味し、英政府および英国の銀行各行は拒否している。

  EUの指針は「金融サービスについては、EUの金融安定と単一市場の完全性、意思決定の独立性を保持しつつ金融サービス市場への適切なアクセスを認めるために、同等性評価を見直し改善させることを目指すべきだ」としている。

  「同等性メカニズムと決定は引き続き、EUが一方的に定義し実施するものとする」としている。

原題:EU Offers U.K. ‘Improved Equivalence’ for Financial Services (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE