2月のVIX急上昇、「金融の脆弱性」増大の兆候か-ゴールドマン

  • 将来の流動性枯渇によって価格下落が増幅する恐れ-ヒメルバーグ氏
  • 多くの主要市場ではスピード重視、資本規模が小さめの売買が増加

Traders work on the floor of the New York Stock Exchange (NYSE) in New York, U.S.

Photographer: Michael Nagle/Bloomberg
Photographer: Michael Nagle/Bloomberg

金融市場はそれ自体が自らにとって最悪の敵になりつつあると、ゴールドマン・サックス・グループはみている。

  同行のエコノミストは19日の顧客向けリポートで、2月初旬にCBOEボラティリティー指数(VIX)の急上昇をもたらした株式市場の混乱は、「金融の脆弱(ぜいじゃく)性」が高まっている兆候、あるいはファンダメンタルズ(経済の基礎的諸条件)の変化とは対照的に市場そのものの機能低下が招いた価格の大幅変動だと説明。さらに悪いことに、市場が緊張状態にある期間は流動性枯渇を懸念すべき理由があると指摘した。
           

              
  共同チーフマーケットエコノミスト、チャールズ・ヒメルバーグ氏は「現在のサイクルが転換する際、将来の流動性枯渇が価格下落を増幅させる恐れがある」と指摘。「多くの主要市場ではスピードを重視した資本規模が小さめの売買が増えてきているため、流動性は見た目よりも悪いかもしれない」と述べた。
  
  流動性の提供のされ方は金融危機以降、新たな規制に加えコンピュータ-主導取引などの技術進化によって大きく変化してきた。ゴールドマンによると、このシフトによって一部資本はより効率的な利用に向けられるようになったが、サイクルが変わると流動性は低下する。

原題:Goldman Sees ‘Financial Fragility’ Rising Amid Market Breakdowns(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE