コンテンツにスキップする
Photographer: Thomas Trutschel/Photothek
cojp

【NY外為】ドル軟調、株価急落で

更新日時
Berlin, Germany - August 03: In this Photo Illustration a person holds Dollar banknotes on August 03, 2016 in Berlin, Germany. (Photo Illustration by Thomas Trutschel/Photothek via Getty Images)
Photographer: Thomas Trutschel/Photothek

19日のニューヨーク外国為替市場ではドルが軟調。主要10通貨の大半に対して値下がりした。株価の大幅安が手掛かり。一方でポンドは上昇。英国と欧州連合(EU)が、英離脱後の移行期間中の条件について合意したことが材料視された。

  連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル新議長の下で初となる連邦公開市場委員会(FOMC)会合が20日から始まることから、市場では取引が手控えられた。米国株の急落でリスク選好が抑制された。

  ニューヨーク時間午後4時35分現在、主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は前週末比0.2%安。ドルは対円では0.1%上昇し1ドル=106円13銭。ユーロは対ドルで0.4%高の1ユーロ=1.2339ドル。ポンドは対ドルで0.6%上げて1ポンド=1.4027ドル。

  ポンドは対ドルで一時1カ月ぶり高値に上昇。英国とEUは英離脱後の移行期間中の条件について合意。バルニエEU首席交渉官によれば、移行期間に加え、最終的な離脱協定についても大方で合意した。まだ多くの作業が残っていると付け加えた。

  ロイター通信は、複数の欧州中央銀行(ECB)関係者が来年半ばの利上げ、今年末の量的緩和(QE)終了を見込む市場予測に違和感はないと述べたと報道。これに反応し、ユーロは値上がりした。

欧州時間の取引

  欧州時間にはドル指数が上昇していた。今週のFOMC会合では利上げが見込まれており、市場は年内の利上げ回数の予測が従来の3回から4回に引き上げられるかどうかに注目している。

原題:Dollar at Daily Low as Pound, Euro Surge; Powell’s Fed to Meet(抜粋)
Dollar Extends Gains as Pound Traders Wait for Brexit Headlines

(第4段落以降を追加し、更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE