Photographer: Simon Dawson

フェイスブックCEOへの圧力強まる、個人情報漏えいで

Photographer: Simon Dawson

19日の米株式市場で、フェイスブックの株価が大幅安。データ分析企業ケンブリッジ・アナリティカがフェイスブックのユーザー数千万人の情報を本人の同意なしに保持していたとの一部報道を受け、同社に説明を求める声が欧米の政府当局者の間で強まっている。

  ケンブリッジ・アナリティカがフェイスブックのユーザー情報をどう入手したのかについて、マーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)に議会での説明を求める声が欧米の当局者らから相次いだ。ケンブリッジ・アナリティカは、入手した個人情報を2016年米大統領選でのトランプ陣営の活動に活用していたとされる。

  フェイスブックは既に、米大統領選に先立ちロシアが同社のプラットフォームを活用した件について米議会で証言しているが、これまでザッカーバーグCEOは証言していない。今回の問題を受け、フェイスブックに対する規制が強化される可能性がある。

  英保守党のダミアン・コリンズ議員は19日、LBCラジオのインタビューで「英国における情報監視への権限強化について検討すべきだ」と述べた。

  フェイスブックは16日、大学教授がフェイスブックのログイン機能を利用して、学術目的とした性格分析アプリへの登録を促したと説明。米紙ニューヨーク・タイムズ(NYT)によれば、登録の際に27万人のユーザーが、フェイスブックを通じて同アプリにユーザー自身および友人のデータへのアクセスを認めたことから、5000万人分の情報が流出リスクにさらされる事態となった。そうした情報アクセスは当時のフェイスブックの規約で認められていた。その後、この教授はフェイスブックの規約に違反し、これらの個人情報をケンブリッジ・アナリティカに引き渡した。

  フェイスブックは情報漏えいを2015年に把握し、この教授の利用を停止したほか、ケンブリッジ・アナリティカに対してユーザー情報の破棄を要請。だがフェイスブックは16日、ユーザー情報が破棄されていなかったことが判明したとしてケンブリッジ・アナリティカのサービス利用を停止した。一方でケンブリッジ・アナリティカは17日、ユーザー情報へのアクセス保持について否定し、問題解決に向けてフェイスブックと協力していると説明した。

  19日の米株式市場で、フェイスブック株は一時5.7%安の174.47ドルとなった。

原題:Facebook Falls as Pressure Mounts on Zuckerberg Over Data (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE