コンテンツにスキップする

ヘッジファンドが円ロング、「チーム安倍」のトラブル深刻化-チャート

久しぶりの円買い越し

  2016年の米大統領選でドナルド・トランプ氏が勝利し、減税によって米国の成長に拍車が掛かり金利が上昇するとの期待が高まって以来、ヘッジファンドはほぼ一貫して円売りスタンスを継続してきた。ただ、安倍政権を巡るトラブル浮上によりヘッジファンドの関心はピークを付けた可能性がある。最新の米商品先物取引委員会(CFTC)のデータによれば、ヘッジファンドは昨年の春以来初めて円の買い越しに転じた。

原題:Hedge Funds Go Long on Yen as Team Abe’s Troubles Deepen: Chart(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE