中国海航集団が国内各地で不動産売却を計画、債務返済で-関係者

  • 同社が上海と北京で売りに出している9物件の簿価合計は約2340億円
  • 売却計画は債務返済に向けた資産処分の新たな取り組み

中国の複合企業、海航集団(HNAグループ)は、国内各地でオフィルビルやホテルを含む不動産の売却を計画している。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。債務返済に向けた資産処分の新たな取り組みとなる。

  計画が非公開として匿名を条件に語った関係者によれば、上海海航タワー、上海揚子江インターナショナル・エンタープライズ・プラザ(上海揚子江国際企業広場)、ルネサンス上海浦東ホテルなどのビルが売却の対象となる。海航が上海と北京で売りに出している9物件の簿価の合計は約140億元(約2340億円)と関係者の1人が語った。

  海航の担当者からはこれまでコメントを得られていない。

原題:HNA Is Said to Be Planning Sales of Properties Across China (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE