コンテンツにスキップする
Photographer: Andrey Rudakov/Bloomberg
cojp

ビットコイン、6週間ぶりに安値から反発

A bitcoin logo sits on a LL 1800W power unit supplying cryptocurrency mining machines at the SberBit mining \'hotel\' in Moscow, Russia, on Saturday, Dec. 9, 2017. Futures on the world’s most popular cryptocurrency surged as much as 26 percent in their debut session on Cboe Global Markets Inc.\'s exchange, triggering two temporary trading halts designed to calm the market.
Photographer: Andrey Rudakov/Bloomberg

仮想通貨ビットコインは19日、週末に付けた6週間ぶり安値から反発。ブエノスアイレスで同日から開催される20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議ではデジタル資産が議題に上る。マネーロンダリング(資金洗浄)や脱税、詐欺などの懸念が広がる中、そうした資産の調査を最近強化している各国当局が協調的な取り締まりに乗り出す兆しが同会議で示されるかどうかトレーダーは注目している。

  仮想通貨交換業者のビットスタンプによれば、ビットコイン価格は香港時間午前11時20分(日本時間午後0時20分)時点で8235ドルと、週末の安値から12%上昇。リップルとイーサーも週末の下げを縮小した。

Bitcoin Steadies

  オアンダのアジア太平洋地域トレーディング責任者スティーブン・イネス氏(シンガポール在勤)は電話インタビューで、「当局者の最大の懸念は無防備な消費者が不慣れなものに引っ掛かることで、当局者は常に慎重過ぎるくらい慎重になる」と述べた。

原題:Bitcoin Rises From Six-Week Low as G-20 Weighs Cryptocurrencies(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE