コンテンツにスキップする

ボーイング「737MAX7」が初飛行-市場は厳しい競争に

  • 航空会社はより大型で経済的なモデルに傾いている
  • 航続距離は3850カイリと、他のMAXモデルや競合機を上回る

ボーイングは16日、ジェット機「737MAX」ファミリーの最新・最小モデル「MAX7」の初飛行を成功させたが、同機が向かうのは不確実で競争の激しい市場だ。

1521227567_GettyImages-932895432

ボーイングの「737MAX7」

撮影:Stephen Brashear / Getty Images

  格安航空会社がより大型で経済的なモデルに乗り換える中、ナローボディー機MAX7の販売は低迷している。同モデルのローンチカスタマーで先行モデル「737-700」を最も多く運航するサウスウエスト航空でさえこうしたトレンドを踏襲し、より大型の「MAX8」を210機発注する一方、MAX7の注文は30機にとどまっている。

  ボーイングはMAX7の2大顧客であるサウスウエスト航空とカナダのウエストジェット航空に対応し、同モデルの機体を拡大して座席数を138と、当初の予定より12座席増やした。航続距離は3850カイリ(約7130キロメートル)と、他のMAXモデルや競合機を上回り、ダラスからホノルルまで直行できる。

  市場の競争は激しい。ブラジルの航空機メーカー、エンブラエルとカナダの同業ボンバルディアの最新鋭機が座席数130-150のジェット機市場でしのぎを削る一方、フランスのエアバスは合弁事業を通じてボンバルディアの「Cシリーズ」事業の経営権を握る準備を進める中、「A319neo」の販売ではほぼ敗北を認めている。

モデル座席数航続距離(カイリ)
ボーイング737MAX7138-1723850
エアバスA319neo140-1603750
ボンバルディアCS300130-1603300
エンブラエルE195-E2120-1462600

原題:Boeing Newest 737 Max Makes First Flight Into Cloudy Market (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE