コンテンツにスキップする

ベアー・スターンズ買収は吉か、JPモルガンで花開く-過去10年貢献

  • 債券に強かったベアー・スターンズ買収でJPモルガンは番付1位に
  • JPモルガンの株価パフォーマンス、ライバル行を上回る

10年前の3月16日、米銀JPモルガン・チェースは破綻寸前の米投資銀行ベアー・スターンズを大幅な値引き価格で買い取ると発表した。金融危機を回避しようと米政府が仲介した週末の緊急協議後の展開だった。

  ウォール街にとって節目となるはずだったこの発表もしかし、半年後のリーマン・ブラザーズ・ホールディングス破綻で金融のメルトダウン阻止には至らず、グローバル市場は大混乱に陥った。それでもJPモルガンにとって、債券に強みがあったベアー・スターンズ買収は、少なくともトレーディングの分野に恩恵をもたらした。

  債券トレーディングの世界的リーダーと言えば、かつてはゴールドマン・サックス・グループで、同トレーディングの収入規模はJPモルガンの約2倍だった。だが、ベアー・スターンズ買収後は格差が縮小、10年後の現在、債券トレーディング収入を減らす金融機関が多い中で、JPモルガンは規模を維持している。

Bear Stearns Lives Inside JPMorgan

Adding the fixed-income trading powerhouse has catapulted JPMorgan to the top

Source: Company filings

Fixed-income trading revenue of JPMorgan and Bear Stearns added together for 2006 data. For 2017, the figure only reflects JPMorgan's revenue, which doesn't break out the portion that might have been inherited from Bear Stearns.

  ベアー・スターンズ買収は株式事業でもJPモルガンに寄与した。同事業の収入は現在、06年時の2倍近くで、JPモルガンは株式市場におけるグローバル金融機関ランキングで17年末までに3位となった。

  同行のジェイミー・ダイモン最高経営責任者(CEO)は行員に宛てた16日付メモで、「買収によって素晴らしい同僚が当社に加わり、彼らの貴重な貢献がJPモルガンを現在の素晴らしい企業にさせるのに寄与した」と指摘。「当時とその後の10年で成し遂げられたことをいかに私が誇りに思っているかは言い尽くせない」と付け加えた。

  もちろん、JPモルガンが時価総額で全米一の銀行となった理由はトレーディング拡大のみではない。消費者向けや商業銀行の分野でも成長してきた。融資ポートフォリオは昨年末時点で金融危機前の約2倍。利益は240億ドル(約2兆5400億円)超と、140億ドルから急増。08年3月の重大発表日以降の株価もライバル行を容易にアウトパフォームしている。

relates to ベアー・スターンズ買収は吉か、JPモルガンで花開く-過去10年貢献

原題:Bear Stearns Lives Within JPMorgan 10 Years After Fire Sale (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE