コンテンツにスキップする

米財務長官はG20の冷ややかな対応に直面か、貿易摩擦で-19日開幕

  • 世界の当局者らは米輸入関税に立腹している
  • ムニューシン長官は中国への市場開放圧力などでコンセンサス目指す

アルゼンチンのブエノスアイレスで19日から2日間の日程で開かれる20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議で、ムニューシン米財務長官は米鉄鋼・アルミニウム輸入関税に立腹している世界の当局者らの冷ややかな対応に直面する可能性がある。

  トランプ米大統領の輸入関税を巡り貿易戦争の勃発が懸念される中、ムニューシン長官は中国に対し、一段の市場開放と仮想通貨への規制強化、テロリストの資金調達取り締まり、政府債務の透明性向上で圧力を加えるコンセンサスを得たい考えだ。匿名を条件に記者団に語った米財務省高官によれば、ムニューシン長官はこうした貿易摩擦がコンセンサス形成への妨げになるとはみていない。

  ブッシュ(息子)政権で国際担当の財務次官を務めた国際金融協会(IIF)のティム・アダムズ専務理事は、ムニューシン長官にとってG20は「孤独」を感じる場所になる可能性があるとした上で、同長官は「当局者らの懸念を緩和する必要があるだろう。十分な数の例外規定が設けられて、長官が一部の発言内容を後退させられることを望む」と述べた。

原題:Mnuchin Faces Cool Reception at G-20 Meeting Amid Trade Friction(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE