ロシア大統領選:プーチン氏が圧勝、さらに6年続投

更新日時
  • 開票率約95%の段階でプーチン氏の得票率ほぼ77%
  • 「幅広い不正」が行われたとNGO「開かれたロシア」は主張

プーチン大統領

Photographer: Andrey Rudakov/Bloomberg

ロシア大統領選挙の投票が18日に行われ、出口調査によると、現職のウラジーミル・プーチン氏の4選が確実な情勢となっている。欧米諸国との対立がエスカレートする中、プーチン政権は2024年までさらに6年続くことになる。

  開票率約95%の段階でプーチン氏の得票率はほぼ77%と、ロシアの指導者による得票では過去最高となっている。プーチン氏は投票日前に選挙キャンペーンはそれほど行わず、4選の目標を脅かしそうな対立候補も不在だった。一部の候補者が選挙は茶番だとも発言していた。

クレムリン近くの集会で話すプーチン大統領(3月18日)

写真:Andrey Rudakov / Bloomberg

  プーチン氏(65)は18日夜、モスクワの赤の広場の近くで支持者に対し、「皆さんに感謝する。ロシアのための偉大な事業に共に取り組もう。成功がわれわれを待っている」と勝利宣言した。

  過去20年間で最長のリセッション(景気後退)による経済の停滞にもかかわらず、プーチン政権は国内のライバル不在の中で続くことになる。英国でロシアの元情報機関員が神経剤で襲われた事件を巡ってロシアが関与したと英国に非難されるなど、対外的には対立が深まっている。プーチン大統領は14年のクリミア併合後の米国と欧州連合(EU)の制裁や、ロシアによるシリアのアサド政権支持に対する外交的圧力に抵抗してきた。欧米諸国の非難を意に介さないプーチン大統領の姿勢は、超大国として過去を懐かしむ有権者に受けたようだ。

  インタファクス通信によると、プーチン陣営のアンドレイ・コンドラショフ報道官は、投票率が上昇したことについて、「われわれは英国に感謝しなければならない。彼らはロシア人の考え方を再び読み違えたからだ」と語った。

  かつて石油王と呼ばれ、国外に亡命中のミハイル・ホドルコフスキー氏が設立した非政府組織(NGO)「開かれたロシア」は、票の操作が行われた多くの場面をオブザーバーが撮影したとし、「幅広い不正」が行われたと主張した。

ミハイル・ホドルコフスキー氏

写真:ジャンルカ・コラ/ブルームバーグ

  選挙管理当局者は、違反行為が限定的であり、結果には影響していないとした。

原題:Putin Sweeps to New Term as Tensions Spiral With West (4)(抜粋)

(最新の集計やNGOのコメントなどを追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE