コンテンツにスキップする

ドイツ銀:トレーディングに強気-通期の収入増見込む

  • 昨年も早い時期に通期増収見通し示したが実際は減収に
  • 今年は他行も明るい見通し、数カ月についての予想にとどめる

ドイツ銀行は相場の変動が続くと予想し、今年のトレーディング業務について強気の見通しを持っている。

  同行は通期のトレーディング収入が前年比で増えるとの見通しを示した。米欧の他の銀行も同業務の改善を見込んでいるものの、ドイツ銀ほど長期の予想はしていない。

  ボラティリティーは顧客の取引を活発化させ銀行のトレーディング収入にとって追い風だ。トランプ米大統領の就任やドイツ、フランス、オランダでの国政選挙などで2017年はボラティリティーが高まると期待された。しかし市場が大きく動いたのは今年に入ってからだった。

  ドイツ銀は昨年の早い時期にも年次報告書で通年のトレーディング収入増見込みを示したが、実際の同部門収入は2008年以来の低水準に落ち込んだ。

  今年については、クレディ・スイス・グループやシティグループ、JPモルガン・チェースなども最近の市場変動に基づき明るい見通しを示してはいるものの、最初の数カ月についての予想にとどめている。

原題:Deutsche Bank Leads Bulls With Higher Trading Revenue Forecast(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE