コンテンツにスキップする

JT:ロシア4位のたばこ会社買収、総額1900億円-現地シェア4割に

  • 「ドンスコイ・タバック」の全発行済み株式を取得へ
  • JTのロシア市場でのシェアは約40%に、買収完了は18年7-9月期

日本たばこ産業(JT)は16日、ロシア4位のたばこ会社ドンスコイ・タバックの全発行済み株式を取得することで合意したと発表した。900億ルーブル(1710億円)で株式を取得するほか負債も引き受け、買収総額は約1900億円となる。

  買収は2018年7-9月期初頭に完了する予定。最大のシェアを持つロシア市場は同社の成長の基盤となっており、低価格帯の商品を展開するドンスコイ・タバックの買収でシェアは約40%まで拡大する。

  前期(17年12月期)に国内たばこ事業の売上高は8.4%減となった一方で、海外たばこ事業の売上高は3.2%増の1兆2376億円と同社全体の58%を占めた。国内での紙巻たばこ需要の伸び悩みを背景に、東南アジアなど新興国を中心とした成長の見込める海外に活路を見い出している。昨年には2000億円超を投じ、インドネシアやフィリピンのたばこ会社を買収していた。

  ドンスコイ・タバックの買収は手元資金や借り入れでまかなう方針。今期の業績への重要な影響はないとしている。

  JTは1999年に米食品大手RJRナビスコから米国以外のたばこ事業を買収したことで世界3位の市場規模を持つロシアに進出。さらに欧州やロシアに強みを持っていた英ギャラハーを07年に買収したことなどから、ロシアで最大手となった。17年のロシア市場でのシェアはJTが33%、米フィリップ・モリス・インターナショナルが27%、英ブリティッシュ・アメリカン・タバコが23%。ドンスコイ・タバックは6.7%だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE