コンテンツにスキップする

ブラックロック、ポンドの急変動に備え万全-方向はブレグジット次第

  • ポンドとドルの通貨ペアのストラドル購入-ボラティリティーに対応
  • 最大のリスクがブレグジットであることに間違いはない-シール氏

世界最大の資産運用会社ブラックロックでは、英ポンド相場が急伸した際に利益を確保する準備が整っている。急落しても大丈夫だ。

  英国の欧州連合(EU)離脱を巡る交渉がヤマ場を迎える中、ポンド相場が大きく動くタイミングが目と鼻の先に迫っているとブラックロックは確信している。ただ、どちらの方向に動くのかは全て結果に左右されるという。一方向への賭けでは利益を得るのと同じくらい損失を被る恐れがあるため、ブラックロックはポンドとドルの通貨ペアでどちらの方向に急変動しても利益が出るオプションのストラドルを購入した。

 

Sink or Swim?

  債券担当の副最高投資責任者(CIO)を務めるスコット・シール氏はロンドンでのインタビューで、投資家が直面する最も大きな問題は英国と欧州連合(EU)がブレグジット(英国離脱)の移行期間を巡って合意できない可能性であり、次週のEU首脳会議の判断が極めて重要になるとの見方を示した。ポンドの対ドル相場は2月の初め以降1.4ドル付近にとどまり、対ユーロではこの半年間ほぼ横ばいで推移しているが、これはマーケットがリスクを過小評価していることを示唆しているという。
 
  シール氏は「ここ最近のポンド相場の安定した動きは、本当にネガティブな結果を完全には織り込んでいないことを私に伝えている」と述べた上で、「最大のリスクがブレグジットであることに間違いはない」と語った。   

原題:BlackRock Is Ready for Big Pound Move. Direction Doesn’t Matter(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE