コンテンツにスキップする
Photographer: Andrey Rudakov

中国のハッカー、南シナ海関連の米企業を攻撃-戦略情報の収集狙いか

  • 南シナ海に関係する米国の海事会社が主な攻撃対象とファイア・アイ
  • ハッカー集団は中国政府のためにスパイ活動を行っている可能性
Red light illuminates the keys of a laptop computer at the Dreamhack digital festival in Moscow, Russia, on Saturday, Dec. 5, 2015. Dreamhack is the world's largest digital festival and meeting place for gamers, fans and e-sport enthusiasts.
Photographer: Andrey Rudakov

中国のハッカー集団が、領有権で対立が続く南シナ海に関係する米国のエンジニア・国防関連企業を主な標的とする一連のサイバー攻撃を開始した。米サイバーセキュリティー会社ファイア・アイが明らかにした。

  ファイア・アイは、サイバー空間でスパイ活動を行う「TEMP.Periscope 」と呼ばれるグループを2013年から監視しており、この集団は中国政府の利益になる情報の収集を目指しているもようだ。ファイア・アイのシニアアナリスト、フレッド・プラン氏(ロサンゼルス在勤)は、南シナ海に関係するか、顧客が南シナ海で操業している米国の海事関連会社が主な攻撃対象になっていると語った。

  同氏は「彼らは戦略的に利用可能なデータを求めており、国家のスパイ活動と一致する。民間会社がそうしたデータから利益を得ることは恐らくないだろう」と指摘した。

  プラン氏によると、「TEMP.Periscope 」のハッカーらは、開発中のシステムが海上での活動をどの程度正確に感知できるかやレーダーの探知範囲といった分野の情報を狙っており、サイバー攻撃は増加ペースが先月加速し、それが続いているという。

原題:China Hackers Hit U.S. Firms Linked to Sea Dispute, FireEye Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE