コンテンツにスキップする

アジアで最も高級な住宅地は香港ピーク地区-観光地としても有名

  • 約856平方メートルの新築住宅、約189億円で売れる
  • 新築高級物件の供給は極めて限られている-ナイトフランクのラム氏
Residential buildings in the Peak area of Hong Kong

Residential buildings in the Peak area of Hong Kong

Photographer: Vivek Prakash/Bloomberg

Residential buildings in the Peak area of Hong Kong

Photographer: Vivek Prakash/Bloomberg

香港のピーク地区にある新築物件が1平方フィート当たり15万1785香港ドル(約205万円)と過去最高値で売れた。英系不動産コンサルティング会社のナイトフランクによれば、観光地としても有名なこの地区は、単位面積ベースでアジアで最も高額な住宅地。

  不動産開発のウィーロック・プロパティーズは電子メールで、同社の「マウント・ニコルソン」開発事業で、スイミングプールや複数のベッドルームなどから成る9217平方フィート(約856平方メートル)のビラが14億香港ドル近くで15日に売れたと発表した。購入者名は明らかにしてない。

  同開発事業では別の高級住宅が11億6000万香港ドルで昨年11月に売れている。1平方フィート当たり13万2000香港ドルだった。

  ナイトフランクの査定・コンサルティング責任者トーマス・ラム氏は、香港の住宅価格上昇とピーク地区での新築高級物件の供給が極めて限られていることを反映する結果となったと述べた。

原題:New Home on Hong Kong’s Peak Sets Asian Record Price by Area(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE