コンテンツにスキップする

ビットコインとトランプ大統領を評価:ティール氏

  • 16年の米大統領選でトランプ陣営を支持したことで知られる投資家
  • 個人資産は約3200億円を超える-ブルームバーグ推計

米国の著名投資家ピーター・ティール氏は15日、仮想通貨ビットコインとトランプ米大統領を評価する一方で、民主党を批判した。

Silicon Valley Entrepreneur Peter Thiel Delivers Election Speech

ピーター・ティール氏

写真家:Andrew Harrer / Bloomberg

  フェイスブックの取締役を務める同氏はニューヨーク経済クラブで、ビットコインの重要性はさらに高まり、イーサリアムなど他の仮想通貨は押しのけられるとの見方を示した。

  同氏の「ファウンダーズ・ファンド」は2012年以降、ビットコインを静かに買い入れてきた。ティール氏自身も同様で、ブルームバーグの推計によれば、個人資産は30億ドル(約3200億円)を超える。

  ティール氏(50)はビットコインを金(ゴールド)のデジタル版に例え、資金集めの探求は「決してはじけることのないバブル」だと語った。

  同氏は16年の米大統領選挙でトランプ陣営を支持し、トランプ政権誕生に寄与したことで知られるが、ここ1年ほど公の場でトランプ大統領とその政策についての発言はほとんどなかった。

  だがこの日は違った。ティール氏は対中貿易などの問題を再構成し、減税を通じ経済成長を促すトランプ大統領の能力を称賛。民主党は反トランプの修辞に満ちた「ヘイトファクトリー」から脱することができていないため、トランプ氏が20年の大統領選で再選を目指すなら勝利するだろうと語った。

  ティール氏の最新プロジェクトはロサンゼルス発の保守系ニュースウェブサイト創設で、FOXニュースから有名人を起用する公算が大きい。

  15日のイベントで司会を務めたFOXビジネス・ネットワークのグローバル・マーケッツ・エディター、マリア・バーティロモ氏はティール氏にそうした計画についてFOXのインタビューで話すよう要請。16日に放送されるインタビューの抜粋によると、ティール氏はメディアの未来は「インターネット中心」であり、ビジネスモデルを引き続き探っていると述べた。

原題:Peter Thiel Is Bullish on Bitcoin, the Heartland and Trump (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE