コンテンツにスキップする

米ウィン・リゾーツ:元トップが持ち株売却も-元妻と合意

セクハラ疑惑を受けて米カジノリゾート運営ウィン・リゾーツの会長兼最高経営責任者(CEO)を辞任したスティーブ・ウィン氏は数年前に離婚したが、元妻と2010年に結んだ取り決めがウィン元夫妻が持つ同社株40億ドル(約4200億円)相当の売却の妨げとなっていた。

  ウィン・リゾーツは15日の届け出で、ウィン元夫妻がラスベガスの裁判所に対しこの取り決めをもはや有効とは考えていないと伝えたことを公表。2人合わせてウィン株21%を持つ元夫妻はこれまで6年にわたり株式保有を巡って争ってきた。

  届け出は、ウィン氏が持ち株の全てもしくは一部の売却を目指す可能性があるとも説明。元妻エレーン氏の広報担当者はエレーン氏の意向についてコメントを控えた。同氏は以前、慈善事業に専念するため持ち株の管理を望んでいた。

原題:Steve Wynn Settles Fight With Ex-Wife That Led to Downfall (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE