コンテンツにスキップする

3月米住宅市場指数:3カ月連続低下、年末から4ポイント下げ

更新日時

全米ホームビルダー協会(NAHB)とウェルズ・ファーゴが発表した3月の米住宅建設業者の景況感は前月比で低下、昨年12月に記録した18年ぶりの高水準から3カ月連続マイナスとなった。

米住宅市場指数のハイライト(3月)

  • 住宅市場指数は70に低下。ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想中央値は72。前月は71(速報値72)に下方修正
  • 販売の現況指数は77で変わらず
  • 向こう6カ月の販売見通しは78に低下、前月は80

  NAHBのランディ・ノエル会長は発表資料で、「消費者の住宅需要増加や市場への信頼感の高まりで建設業者の楽観は引き続き強い」と指摘。「しかし、建設業者は建設用地を見つけるのが難しいと報告しており、供給力が抑制される可能性もある」と続けた。

  購買見込み客足指数は51で、前月の54から低下。

  地域別では中西部が65と、前月から5ポイント低下。一方、北東部と南部、西部はいずれも上昇した。

  統計の詳細は表をご覧ください。

原題:U.S. Homebuilder Outlook Eases While Hovering Near 18-Year High(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE