コンテンツにスキップする

スイス名物は銀行と腕時計だけじゃない、隠れた番付で退屈の評判返上

relates to スイス名物は銀行と腕時計だけじゃない、隠れた番付で退屈の評判返上

Photographer: RusN/iStockphoto via Getty Images

relates to スイス名物は銀行と腕時計だけじゃない、隠れた番付で退屈の評判返上

Photographer: RusN/iStockphoto via Getty Images

英国のヘッジファンドマネジャーは文化とナイトライフの欠如を理由にスイス金融センターを敬遠しているが、実はスイスにはロンドンと競い合っているものがある。コカイン消費量だ。

  廃水に含まれるコカインの残留物によってランク付けしたコカイン消費量で、チューリヒとジュネーブは欧州の60都市中2位と5位。さらにバーゼルとザンクトガレン、首都ベルンを加えるとこの番付の上位10のうち半分がスイスの都市だ。欧州薬物・薬物依存監視センター(EMCDDA)が調査をまとめた。

There Really Is Something in the Water

European cities with highest traces of cocaine in the wastewater in 2017

Source: European Monitoring Centre for Drugs and Drugs Addiction

  2016年に2位だったロンドンは17年の番付からは姿を消していたが、これは廃水の調査を実施するリソースがなかったためだという。一方のスイスは同国の科学者が調査に協力的だったことも消費量が多く出た一因だとリスボンのEMCDDAで分析を手掛ける科学者、ホアオ・マティアス氏が述べた。

  いずれにせよ、スイスはちょっと退屈だという評判は真実ではないかもしれない。

...And It’s Been Getting Stronger

European cities ranked by traces of cocaine metabolite found in the wastewater in 2016

Source: European Monitoring Centre for Drugs and Drug Addiction

原題:Bankers, Watches, Cocaine? Switzerland Tops Other Snow Ranking(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE