コンテンツにスキップする
Photographer: Michael Nagle/Bloomberg
cojp

アリババやJDなど中国IT株なお割安感-世界で好成績の加ファンド

  • 積極投資が利益下押しも3-5年で実を結ぶ-ブラックスタイン氏
  • ダイナミック・パワーのリターンは3年間で計プラス72%
A monitor displays Alibaba Group Holding Ltd. signage on the floor of the New York Stock Exchange (NYSE) in New York, U.S., on Tuesday, Jan. 2, 2018. U.S. stocks rose, Treasuries fell and the dollar weakened against most of its G-10 peers in the first official day of trading in 2018.
Photographer: Michael Nagle/Bloomberg

中国のテクノロジー銘柄は、長期的な成長見通しを踏まえれば割安だ。カナダに拠点を置き、運用成績が世界の554の同業を上回っているファンドマネジャーがこう指摘した。

  ダイナミック・パワー・グローバル・グロース・クラスを運用するノア・ブラックスタイン氏は、「こうした企業の利益はやや低めに出ている。現時点で積極的な投資を進めているからだ」と分析。「今後3-5年でこうした投資が実を結び、利益面にそれが表れると私は考えている」と話した。運用資産は15億2000万カナダ・ドル(約1250億円)。

  ダイナミック・パワーのファンドで保有が目立つのは、中国の微博テンセント・ホールディングス(騰訊)の2銘柄。通常の株価指標で見ると両社株に割安感はない。株価収益率(PER)は微博が83倍、テンセントが57倍。一方、S&P500種株価指数のPERは22倍となっている。

  カナダのノバスコシア銀行傘下のダイナミックは、中国国外に拠点を置く成績トップのファンドで、投資の25%以上が中国向けとなっている。同ファンドは過去5年、10年にわたり世界の同業を上回る成績を上げており、今年に入ってもそれは変わっていない。カナダの国際株式ファンドでトップの成績を誇り、3年間のリターンは計プラス72%。

  ダイナミックの保有上位銘柄にはYYやテンセント、微博、サービスナウペイパル・ホールディングスが並ぶ。投資対象をかなり絞っており、約25銘柄を保有している。これにはアリババ・グループ・ホールディングやJDドットコム(京東)も入っている。YYはこの1年で147%上昇、テンセントは113%上げている。

  ブラックスタイン氏はトロントで14日開かれたブルームバーグの投資会議で、中国版ツイッターと呼ばれることも多い微博など中国のテクノロジーセクターは、「一部の企業で単なる国内銘柄からの脱皮が進みつつある」との見方を示した上で、その実現に向けた積極投資で利益率や利益には下押し圧力がかかっているが、将来的にはこれが実を結ぶと指摘した。

原題:Top Global Fund Manager Says China’s Alibaba, JD Look Cheap (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE