トイザラスは米国事業を閉鎖、CEOが確認

更新日時
  • 同社は破産裁判所に清算申請を提出すると関係者
  • 同事業の清算が間近に迫っているとブルームバーグが先週報道

Shopping carts stand outside a Toys R Us Inc. retail store in Louisville, Kentucky.

 Photographer: Luke Sharrett/Bloomberg

米玩具小売りチェーン、トイザラスのデーブ・ブランドン最高経営責任者(CEO)は14日、従業員に対して米国事業を閉鎖することを認めた。事情に詳しい関係者1人が明らかにした。

  同関係者によると、ブランドンCEOはニュージャージー州ウェインの本社で、米事業の秩序立った閉鎖の計画を提示した。今後、破産裁判所に清算申請を提出するという。発表が公になっていないことを理由に関係者が匿名を条件に語った。

  ブルームバーグは8日、トイザラスの米国事業について、買い手が見つからず債務再編も合意に達しなかったことを受け、清算が間近に迫っていると報じていた。同じく買い手が現れなかった英国部門も閉鎖となるが、カナダ部門についてはまだ望みがある。米MGAエンターテインメント率いるグループが同事業への買収提案を検討している。

  14日の同社の会議については、米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が先に報じていた。

原題:Toys ‘R’ Us Is Said to Proceed With Shutdown of U.S. Operations(抜粋)

(外国部門の見通しなどを追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE