米テスラ、財務担当副社長のレポ氏も退社・転職-関係者

米電気自動車(EV)メーカーのテスラで、財務を担当する上級幹部2人が相次いで退社した。大量生産への取り組みが難航しているセダン「モデル3」の最新情報公表を数週間以内に控える中での幹部流出だ。

  事情を知る関係者によると、財務部長兼財務担当副社長のスーザン・レポ氏は他社の最高財務責任者(CFO)となるため、テスラを退社した。同社は先週、最高会計責任者(CAO)のエリック・ブランデリズ氏が個人的理由で退社したことを明らかにしたばかり。

  リンクトインのプロフィルによると、レポ氏は2013年にテスラに入社。レポ氏のコメントを求め取材を試みたが、これまでのところ連絡は取れていない。レポ氏の退社を確認した関係者は公に発言する権限がないとして、匿名を条件に語った。

  テスラは4月初めにモデル3の生産・出荷状況を報告する予定で、3月末までに週間生産台数を2500台とする目標が達成できたかに注目が集まっている。

原題:Tesla Loses Another Senior Executive Amid Model 3 Struggle (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE