ドイツ銀、資産運用DWS部門のIPOで第2のアンカー投資家確保

  • 仏運用会社ティケハウ・キャピタルが2億5000万ユーロ投資計画
  • 日本生命がDWS株の5%を取得する合意は発表済み

ドイツ銀行が新規株式公開(IPO)を目指す資産運用部門DWSは、第2のアンカー投資家を確保した。

  14日の発表によると、フランスの資産運用会社ティケハウ・キャピタルが、DWSに2億5000万ユーロ(約330億円)を投資する計画だ。DWSの公開価格は1株30-36ユーロの見込み。日本生命保険がDWS株の5%取得で合意したことが11日に明らかにされている。

  DWSのIPOは月内に実施の見込み。時価総額は最大で72億ユーロと、同業のアムンディと同水準を目指している。
 
  ニコラス・モロー最高経営責任者(CEO)はドイツ国外での販売強化に向けて海外投資家にIPOへの参加を働き掛けてきた。日本生命およびティケハウとの合意はいずれも、DWS商品の販売で協力する計画をうたっている。日本生命との合意にはDWSが同社から運用を請け負うことも含まれている。ティケハウとは代替資産での協力に重点を置くという。

原題:Deutsche Bank’s DWS Gains Tikehau as Second IPO Anchor Investor(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE