プルーデンシャルが会社分割、英国事業をスピンオフ-株価急伸

更新日時
  • 英資産運用と欧州保険資産を切り離し、アジアなど高成長市場に注力
  • プルーデンシャル本体、スピンオフ企業ともFTSE100採用の公算大

英最大の保険会社プルーデンシャルは会社を分割する計画だ。英国事業をスピンオフ(分離・独立)し、アジアやアフリカ、米国など高成長する市場に焦点を当てる。この発表を受け、株価は大幅に上昇している。

プルーデンシャルのマイク・ウェルズCEO

Photographer: Luke MacGregor/Bloomberg

  英国の資産運用事業と欧州保険資産を統合して昨年設立したM&Gプルーデンシャルを分離し、プルーデンシャル本体の投資家はM&G株を受け取る。両社とも英主要企業から成る株価指数FTSE100の構成銘柄となる公算が大きい。プルーデンシャルは本社をロンドンから移す予定はない。

  プルーデンシャルは会社分割に先立ち、英国内の年金保険資産120億ポンド(約1兆8000億円)相当を英ロズセイ・ライフに売却することも明らかにした。

  発表を好感して14日の英株式市場でプルーデンシャル株価は急騰し、一時7%を超える上げを記録。時価総額は500億ポンドを上回った。

原題:Prudential to Split Firm by Spinning Off U.K. Operations (1)(抜粋)

(2段落目に情報を付け足し、株価を更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE