コンテンツにスキップする
Photographer: Tomohiro Ohsumi/Bloomberg
cojp

米ETF市場の「ビートルズ」-ブラックロックが「コア」戦争リード

  • iシェアーズETF4本に今年計334億ドル流入-全体の44%
  • 低コストの「コア」シリーズを触発したのはバンガード
Pedestrians are reflected in an electronic stock board outside a securities firm in Tokyo, Japan, on Friday, Jan. 12, 2018. Japanese stocks declined after the yen remained stronger against the dollar and a technical indicator signaled the recent run-up to the highest level in 26 years was excessive.
Photographer: Tomohiro Ohsumi/Bloomberg

米国で取引されている上場投資信託(ETF)に今年流入した資金の44%を吸収しているのが米ブラックロックの低コストETF4本だ。

  ブルームバーグの集計データによれば、1月1日以降に「iシェアーズ・コアMSCI・EAFE・ETF」へは137億ドル(約1兆4600億円)が流入。「iシェアーズ・コアS&P500ETF」は122億ドル、「iシェアーズ・コアMSCIエマージング・マーケットETF」は51億ドル、「iシェアーズ・コア米国総合債券市場ETF」は24億ドルそれぞれ増加した。

Monster Flows

Four BlackRock funds account for nearly half of all ETF inflows this year

Source: Bloomberg data through March 12

  ブルームバーグ・インテリジェンス(BI)のアナリスト、エリック・バルチュナス氏は、ローリング・ストーンズの「ミック・ジャガーはかつてビートルズを4つの頭を持つモンスターと呼んだ。メンバー4人全員がそろって素晴らしく、恐ろしいほどだったからだ」と述べた上で、ブラックロックの「このETF4本にも同じことが言えるかもしれない。とても安くて、流動性があり、中核的なエクスポージャーを提供するという全てをどれもが持ち合わせている」と指摘した。

  このiシェアーズETF4本には今年計334億ドル流入。米国で上場しているETF全体への流入額(753億ドル)の大きな部分を占める。4本は合わせて、米国株と海外先進国の株式、新興市場国の株式、債券への投資を年0.07%程度のコストで提供している。

  他のETFより手数料を安く抑える「コア」シリーズの提供を触発したのは、バンガード・グループだ。BIによると同社は、2012年に安価なファンドで資金を呼び込む競争を勝ち抜いた。現在はステート・ストリートなども独自に低コストで「コア」エクスポージャーの提供に取り組んでいる。

  バルチュナス氏は「さながら『コア戦争』だ」とした上で、「向こう10年、資金の半分以上が向かう場所になりそうだ」との見方を示した。

原題:BlackRock’s Lowest-Cost ETFs Devour Almost Half of U.S. Flows(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE